エンジンオイル漏れ修理

こんにちは。

今回はレジアスエースのオイル漏れ修理の依頼がきましたので頑張って修理していきたいと思います。

今回はエンジンオイルがエンジンの一番下の部分まで垂れてきてしまっている状態だったので

エンジンの一番上の部分のオイル漏れから修理をしていき

だんだんとエンジンの下にに向かってオイル漏れを確認修理

していくことにしました。

画像の赤く〇で囲った部分からオイルの漏れがあるのが確認できます。

この部分がエンジンの一番上の部分になります。

今回はまずそのエンジンの蓋ともいわれいているタペットカバーとエンジン本体の間にあるパッキンを取替していきます。

 

 

色々と割愛してますがタペットカバーをエンジン本体から取外し完了です。

エンジンのカバーを外すとエンジン内部はこんな感じになっています。

エンジンをかけると画像で見えるギヤやチェーンがエンジンの中で、ものすごいスピードで回転しているんですよ!

こういった物の破損を防ぐ為にもエンジンオイルのメンテナンスが、大切なのです。

話がそれましたが赤色でなぞってある部分にタペットカバーのパッキンが当たるようになっています。

そして蓋の裏に付いているパッキンを取替をしエンジン部分、蓋部分をよく清掃して組付けしていきます。


無事タペットカバーの取替が完了しました。

今後タペットカバーより下の部分からエンジンオイルが漏れてこないかを

お客様と相談し定期的にエンジンオイル漏れをチェックしていきたいとおもいます。