キャストのオイル漏れ修理

こんにちは。

 

今回はキャストのオイルもれのご依頼です。

 

お客様の駐車場になにかのシミが垂れているとの事でした。

 

お預かりして2時間ほど経ったところで、確かに何かが漏れているのが確認できたので、リフトで上げて確認したところ・・・

 

 

画像のように赤丸の部分から大量のオイルが漏れてきていました。

 

工具をあてたらボルトがクルクル回って閉まらない状態でした。

 

原因はボルトの締めすぎだと思われます。

 

実はキャストのオイルパンはアルミ製で、非常にデリケートなのです。

 

既定のトルクで締め付けしないと、ネジ山が壊れてしまいます。

 

お客さんはどこかのお店でオイル交換しただけなのに、オイルパンを交換しないといけません。

 

 

 

 

 

いよいよ作業に取り掛かります。

まずマフラーを取り外します。

 

続いてここからが地道な作業となりますが、オイルパンはボンドのようなモノでガッチリと貼りついています。これを2時間ほど掛けてこじ開けたのが2枚目の画像です。

 

オイルパンをこじ開けても、まだまだボンドがこべり付いているので、キレイにツルツルになるまで除去します。

 

 

 

 


今度は先程と逆の手順で組付けていきます。

 

オイルパンをボンドで組付けて、2時間ほど経過してからオイルを入れます。

 

エンジン始動後リフトで上げて漏れを確認します。

 

貼り合わせたら2日間放置し、漏れが無ければお客様にお渡し出来ます。

 

今回はマフラーを外さないと、オイルパンが外せなかったので、結構時間が掛かりました。

 

皆さんも、たかがオイル交換といえども、ちゃんとした整備士がいるお店で行ってくださいね!