ハイゼット クラッチ交換

本日は、車検で入庫したハイゼットのオイル漏れ修理をさせて頂きました。

こちらのハイゼット、お仕事で乗られているという事で、なんと新車から2年で14万キロも乗られておりました!!

こちらの写真がオイル漏れしていた所です。

 

オイル漏れしていた場所は、エンジンとクラッチのつなぎ目の所から漏れていました。

 

直すには、クラッチを降ろす必要があります。

距離もかなり乗られるので、一緒にクラッチディスク等も交換していきます。

 

左の写真がクラッチ本体です。

 

クラッチを外した相手側 (エンジン側)が右の写真です。

写っているのが、クラッチカバーという部品です。

 

次はこのカバーとディスクを取り外せば、オイル漏れしている場所にたどり着けます。


外した写真がこちら

 

クランクシャフト・リヤオイルシールというゴムの部品が劣化してオイル漏れしていました。

 

後は、この丸いゴムの部品と、クラッチ関係の部品を、交換して戻していけば完成です。